お知らせ Information

トーラスとは

テーマ:曼荼羅アート

【トーラス】は、螺旋構造を持ち、常にエネルギーを循環させ続けています。

エネルギーの流れの中心(ドーナツの穴の中央)には、【ゼロ意識】が存在しています。

トーラスのエネルギーは、このゼロから発して外側へと進み、内と外とを循環させながら、ゼロへの回帰を無限に繰り返しているのです。

宇宙・地球・生命誕生のプロセス・微生物・地球を取り巻く地球磁場・フリーエネルギーの流れ・人間・動物・果物・台風・竜巻も、この世界にある全てのものは【トーラス構造】で出来ています。

私達は、循環する目には見えないトーラスのエネルギーの内側に生きているのです。

私達人間も、トーラスのエネルギーによって育まれているのです。

回転・螺旋・渦・振動の運動エネルギー形態、量子論と量子力学が解き明かした素粒子の動きと振る舞い、これも基本構造は【トーラス】にあるのです。

六芒星やマカバ、フラワー・オブ・ライフやベクトル平衡体などは、このトーラス構造をそれぞれ違った視点と規模と角度から見たある瞬間を、カタチとして表現したものです。

【トーラス】は、天と地が創造された時に生まれた【陰陽の二元性】の法則性を表現しており、さらに二元性を超えて、一つへと融合した完璧な姿までを表現しています。

この自然界の全ての基本構造となる【創造的エネルギーの循環】です。

トーラス構造は宇宙を進化させ、繁栄・拡大させてきた、具現化するための【エネルギーシステム】の正体だったのです。

無限のシンボル(∞)は、トーラスを横から見た図になっています。

曼荼羅アーティスト Petit Piano