お知らせ Information

六芒星とは

テーマ:曼荼羅アート

【六芒星】(ヘキサグラム)は、【聖なる星】【ダビデの星】とも呼ばれ、浄化や魔除けの意味があります。

日本では、六芒星は【天地】や【陰陽】を表しているとされており、昔から【陰陽道】との深い関わりがあると言われています。

六芒星は【陰と陽】【光と闇】など相反の象徴です。

六芒星を作る逆三角形▼は【霊的レベルの世界】を表しています。

六芒星を作る正三角形▲は【物質レベルの世界】を表しています。

逆三角形と正三角形が重なることは、【火と水】【男性と女性】【天と地】【光と影】【陰と陽】【受動と能動】などを象徴します。

【表裏一体のもの同士】が調和・融合するという深い意味につながるということです。

六芒星が【魔法陣】の中に描かれていることがよくあるのは、この図形に【封印を解く力】【強力な魔除け効果】があるためです。

この図形のおかげで、宇宙エネルギーを集めて秩序やバランスを整えると共に、エネルギー増幅という強大な効果を得られます。

また六芒星は、線に一切切れ目を入れることなく一筆書きが出来ます。

1本の紐やロープでも図形を作れます。

線に切れ目がないので、『魔』を結界に閉じ込めたり、結界の中に『魔』を入れないようにも出来るのです。

さらに、線と線が交わる部分は『目』になると言われます。

悪魔や悪霊は『目』を非常に怖がるので、六芒星にいくつもある『目』には、邪悪な存在を近寄らせないという絶大な効果があるのです。

あの【フリーメイソン】のマークにも六芒星が刻まれていることは、とても有名です。

全世界に支部を持ち、社会的地位が高い会員で構成されている秘密結社【フリーメイソン】も、この図形に注目していたのです。

六芒星は、ユダヤ教だけが独占的に使用していたマークではありません。

キリスト教では【創造の星】(Star of creation)、日本では【籠目紋】と呼んでいますから、世界的な【魔除け】と考えても良いでしょう。

曼荼羅アーティスト Petit Piano