お知らせ Information

シンメトリーについて

テーマ:曼荼羅アート

曼荼羅はシンメトリーになることが多いのです。

【シンメトリー】とは、左右対称(線対称・反転・鏡映)として知られています。

自然界のわかりやすい例が蝶々です。

また花や葉のほとんどはシンメトリーです。

シンメトリーには規則性があり、バランスのよい安定した調和を感じさせます。

シンメトリーとは異なる、左右非対称の構成を【アシンメトリー】と呼びます。

静的なシンメトリーに対して、アシンメトリーは躍動感のある印象を与える構成です。

【左右対称】は対称軸と呼ばれる直線を軸として、図形を反転させて構成されます。

人間は、生来『左右対称のもの』に惹かれるものであるということが言われています。

一般的に、左右対称の顔、パターン、デザインをより好ましく素敵だと感じるのです。

単に視覚的な法則というよりも、もっと根本的に人のDNAにまで組み込まれている【美しさを感じる普遍的な法則】のようにも感じます。

古代エジプト・ギリシャ・ローマでも左右対称を美とし、教会・宮殿等の建築物から、絵画や彫刻等、様々な作品に取り入れられました。

フランス・ヴェルサイユ宮殿とその庭園も【シンメトリー】です。

左右対称で幾何学的な形をした花壇や植木が特徴的です。

シンメトリーなデザインから得られる心理的効果としては、『誠実さ』『安定』『安心感』などがあります。

インテリアに採用すると、きちんと整った配置が調和を生み、安心感のある空間になります。

シンメトリーのデザインには、絶対的な美しさや安定感が生まれ、視覚的にも目に留まりやすいため、ロゴマークに用いられることも多いです。

調和が取れたバランスの良いデザインを作る上で、シンメトリーという要素が利用されます。

大手ブランドのロゴを見ると【CHANEL】【スターバックス】【マクドナルド】など、左右対称のロゴが多いことに気付くでしょう。

Petit Pianoのロゴマークも【シンメトリー】になっています。

曼荼羅アーティスト Petit Piano