お知らせ Information

この世界は仮想現実

テーマ:神聖幾何学模様

【量子力学】の世界では、この世界は仮想現実であるという理論は当たり前で、それを科学的に証明する鍵として、量子力学でとっても有名な【二重スリット実験】というものがあります。

この宇宙の全てのものは【素粒子が運動することによるエネルギー】で出来ています。

宇宙や地球、あらゆる生命も全て私達が【認知】した事によって生み出されているのです。

つまり私達の住む世界が、その時々の認知具合に左右されるので、逆説的には自由に創造可能な【仮想現実】であると言い換える事が出来るのです。


【この世界は仮想現実】

仏教の修行の究極の目的は【悟り】を開くことですが、実は悟りを開くということは、『自分が目の前で見ている【仮想現実】を自分自身で完全にコントロールできるようになる』ということなのです。

もっと仏教的に言えば、『周りで起こることに左右されずに、常に自分の気持ちを平静かつ穏やかにいることができる人』が悟りを開いた人なのです。

空海が学んだ密教は、西遊記で有名な三蔵法師がインドから持ち帰り翻訳したものがベースになっていますが、その時代にインドでは【この世がマトリックスである】ことを見抜いていたことになるのです。

『この世はマトリックス』という考えは、古代からの宗教哲学だけの話ではありません。

実は最新科学の【宇宙論】においても、ブラックホールなどの研究を通じて、この宇宙は【数字によって創造されたプログラム】あるいは、【宇宙は2次元平面から投影された3次元ホログラム】という考え方が、第一線の科学者によって真剣に議論されています。


【目に見える全てのものが仮想現実】

例えば、『眼で見る』『耳で聞く』『指で感じる』といいますが、厳密に科学的に言えばそのような現実の認識は全て【脳が行なっている】のです。

眼球を経由して『見る』のは現実の姿ではありません。

まずカメラの原理で反転して入ってくる光子の情報を視覚細胞が形と色を別々の刺激として受け取ります。

コンピュータで言えば【画素】にあたる膨大な情報を脳というコンピュータで映し出したものを私達は見ているのです。

同じ背の高さの人物や線などが異なって見える【錯視】という現象はよく知られていますが、そのようなことが起こるのも、私達が実は現実そのものを見ているのではなく、脳というコンピュータで情報処理・投影されたものを『見ている』に過ぎないからなのです。

つまり、人間が感じる全てのものが、脳が創り出した【仮想現実】なのであります。

このように考えると実は私達が認識している『現実』とはいったい何か?という重大な疑問が浮かびます。

この事実を、科学的検証ではなく、純粋に頭の中の哲学的追求だけで見出した密教(仏教)の先見性には驚かされます。


【マトリックスと大日如来】

昔からこの事実に気がついていたのが密教(仏教)ですが、それを象徴するのが【曼荼羅】です。

曼荼羅の解釈には色々ありますが、その中に【胎蔵界と金剛界の曼荼羅】は、自分自身と宇宙が大日如来を通じて実は一体であることを示している、というものがあります。

つまり、『自分自身が見たり感じたりするものが宇宙の全てであり、それ以外のものは実は存在しない』という考えに繋がるのです。

例えば、コンピュータゲームの画面に全てが映し出されているわけではありません。

ユーザーが見たい場面だけがコンピュータ画面上に映し出され、残りの画面は情報としてハードディスクの中に隠れています。

自分が見た時だけ『現実』になるというのは、素粒子の世界の【観測した時だけ実体として存在する】という原則を考えれば、自然なことなのかもしれません。

結局、この広大な宇宙も、実は【自分の頭の中の映像にしか過ぎない】ので、【自分の頭の中の映像を変えれば宇宙が変わる】というのが、唯識の概念の中核と言えるでしょう。


【この世界の真実】

この世界はヴァーチャル(仮想現実)で【自作自演】だったのです。


●意識(魂)だけが実体であり、目に見える【世界】は、単なる【幻影】に過ぎない● 

この世界が幻影であることは、物理学でも証明されていることです。

確固たる物として存在して見える物質も、最小単位まで解析していくと、ほとんどが隙間でほぼ空間に等しいのです。

例えるなら、銀幕に映し出された映画のようなものです。

このことは、この世の真実を解き明かしていると言われている【般若心経】にも【色即是空・空即是空】(世界はすなわち空であり、空はすなわち世界である)とある通りです。

一方、この世界を観ている意識の方は、原初から存在しており、生滅はしません。

霊魂は不滅なのです。

同じく、般若心経では、魂を【不正不滅・不垢不浄・不増不減】(ふしょうふめつ・ふくふじょう・ふぞうふげん)と表現しています。

すなわち、『生まれることもなければ滅することも無く、穢れることもなければ浄められることもなく、増えることも減ずることもない』ということです。


●あなたの世界に起こる全ては【自作自演】●

まずは、この世界というより【あなた自身の世界】は、あなた自身の意識の投影なのです。

こんなもの創造した覚えがない!と思われるかもしれませんが、あなたの人生どこかの時点で、あなたの意識の中に入り込んだものなのです。

もしかすると、それは過去世かもしれませんし、他者からもたらされたものかもしれませんし、1年前にTVや映画から吸収したものかもしれません。

あるいは、ポジティブなビジュアライゼーションやイマジネーションの結果で投影されたものかもしれません。

それが、判断しにくいのは、マニフェスト(具現化)される迄に【タイムラグ】があるからです。

あるものは、ほんの数分後、あるものは、数10回に及ぶ輪廻転生を経たのちに数100年の時を経て具現化されるかもしれません。

とはいえ、全ての出来事は【今この瞬間】に起きているのです。


●自分自身でレッテルを貼ることで『次の経験』を決定している●

全ての経験は、意識が何らかの目的によって、望んでいるから経験しているに過ぎず、そこに善悪はありません。

意識が経験したいから経験しているだけであって、本来何が善で何が悪という善悪はないのです。

実際には『苦境』でさえも目的があって、本人が自ら創造しているのです。

したがって、自分の望まないものをそれ以上創らないためには、経験・出来事を『最悪なこと』とジャッジしないことです。

景色でも見るように傍観することです。


●現実とは極めて柔軟なもの●

『自分の世界』は、あくまでも自分自身の意識の投影による幻影に過ぎないため、現実とは非常にファジーかつ柔軟なものであり、自分自身の波動を変えることによって現実も容易に変化可能なのです。

確固たる現実は、実は可変的なのです。

ですから、あなたが高い波動を持った意識で対象にフォーカスすれば、おのずとそこには高い波動を持つ波動形態の現実がマニフェストされる、ということになるのです。


●何かを選択してから具現化するまでにタイムラグがある●

すぐさま具現化されなくても、自分の選択を維持し続けることです。

なぜなら、現在の地球の次元では、具現化されるまでタイムラグがあるからです。

ですので、最初の選択を維持し続けることによって、どれくらいの時間がかかるかは判りませんが、自分の魂が本当に望んだことなら、いずれ具現化されるということになります。

高次元では、望むと同時に物事が具現化されると言われていますから、地球の次元上昇と共に、このタイムラグも縮まってくるでしょう。


●『手放し』がマニフェステーションのカギ●

ボールを握りしめたままだと、ゲームは始まりません。

ボールを自分のコートの外へと放つことです。

なぜなら、物事が展開するのは、自分の内側ではなく、外側の世界に展開されるからです。

なので、具現化させたかったら、握りしめておかず、外側にいったん放り投げましょう。

望んでいることすら忘れる事が出来たなら、なお良しです。

絶対こうならなければならないという執着は、そのがんじがらめなエネルギーの性質によって、【共鳴の法則】からむしろ膠着状態を招きがちです。

また、『本当に叶うのだろうか』という焦りや不安も、同様に共鳴の法則によって具現化の妨げとなります。

望みを諦めるのではなく、『必ず叶う』と知っているので、執着する必要などないと手放すのです。


●人生は演繹的●

私達は、過去に○○があったから、現在△△の状態にあると、人生を過去から現在の横軸の流れで考えがちですが、私達はまず【ゴール】を先に決めているのです。

そして、そのゴールを達成するのに必要なプロセスは全部やる、と決めてきているのです。

従って、もし『なぜ今○○をしなければならないんだろう』と疑問に思う状況や、一見無駄に思えることをせざるを得ない状況に置かれているなら、それは、あなたが何らかの目的を達成するために必要な手段の一つである可能性が高いのです。

それは、今のあなたには何故必要なのか判らないかもしれませんが、後になってそれが何故必要か判ってくるものです。

未来のあなたが、達成するのに必要なことを綿密に計画しているのです。


自分の世界を創造しているのが自分だとするならば、自分の世界はいかようにも自分でデザイン出来ますね。


曼荼羅アーティスト Petit Piano